京都の小さなアトリエで子供の着物を仕立てている和裁士のブログです。七五三着物、七五三撮影、七五三レンタル、七五三着物販売を行っています
by ameria_japonica
検索
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
和裁の道具 コテとアイロン

今日は和裁で、着物の仕立てで使っている道具を紹介したいと思います。

コテ&アイロンです
b0317495_20505726.gif
写真左側のコテは一般の方だとなかなか使う機会がないかと思いますが…

和裁の仕事では絶対必要な道具です‼
コテ先(写真手前)を入れて電熱式で熱して使います。
昔の人は炭火を火鉢に入れてコテ先を熱していたようです。


裁断時のヘラ付(印付)や作業中のしわ伸ばし、折り目を付けたり、
『きせ』をかけたりと仕事中はずっと使っています。

私の持っているものはコテ先が1丁のもの、タキイ電器(株)さん製です。
他にも2丁立やカラフルなカラーのものもあったりします。

アイロンみたいに大きくなくて小回りがきくし、熱してても危なくないので和裁に限らず、洋裁やパッチワークなどをされるかたにもおすすめです。





そしてアイロンもまた必需品です‼

仕立てを始める前の生地はだいたいが地の目がゆがんでいます。
そのままではまっすぐに縫えなかったり、
きれいな仕立て上がりにならないのでアイロンを使って地の目を整えます。

最近はコードレスのアイロンが多いですが、しっかり熱とスチームをかけたいのでコード付きのものを使っています。
(DBK スチーム&ドライアイロンを使っています。重さもあってスチームもパワフルなのでおすすめアイロンです)


事前にしっかり生地を整えたものは仕立て上がりも美しいです。
また、使用後の形にも変化が少なくいつまでも綺麗に着られます。
準備や道具は大切ですね。



夏の暑い時期にアイロン作業がつづくとつらいですが、
今のような寒い時期は部屋がぬくぬくになるのでうれしいです
ヾ(o´∀`o)ノ







子供の着物専門店 Ameria Japonica -アメリア ジャポニカ- -コドモノキモノ-

b0317495_21254503.gif 子供の着物をお仕立て中












[PR]
by ameria_japonica | 2014-03-08 21:43 | 和裁の道具 | Comments(0)
<< 伝統産業の日2014in京都 子供の着物のサイズについて >>