京都の小さなアトリエで子供の着物を仕立てている和裁士のブログです。七五三着物、七五三撮影、七五三レンタル、七五三着物販売を行っています
by ameria_japonica
検索
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:子供浴衣の作り方( 14 )
子供の着物の柄合わせ。
こんばんは、子供の着物専門店 Ameria Japonica -アメリア ジャポニカ- -コドモノキモノ-です☆


子供浴衣の作り方を載せてから、この夏は手作り浴衣にチャレンジしよう!という方の訪問が増えています。

和服に、 手仕事に、 興味を持っていただきありがとうございます☆
そして、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。


今日は手作りの浴衣にチャレンジされる方へのワンポイントアドバイスです!

お好きな柄の生地をご購入されているかと思いますが、その生地を裁断するときに少し工夫をしてみてください。

ちょっと例を見ていきましょう!



こちらのカラフルちょうちょ柄の浴衣は細かい柄がたくさん入っています。
細かくたくさんの柄がある時は、あまり何も考えなくて大丈夫です。
どこを切り取ってもカワイイ☆
b0317495_21563424.jpg




難しいのが、花くす玉浴衣のような大きな柄が飛んで入っているときです。

この場合は、一番顔の近くで目立つ衿や上前の肩あたりに柄をもってきます。
そうすると顔周りが華やかになるんです!

あと上前身頃にもしっかり柄を入れること。
袖付や後ろの背縫いで柄がぶつかってしまわないように注意します。
全体的にばらけるように柄を配置して、バランスよくするのがポイントです。

b0317495_21491033.jpg





横に線のある柄もありますね。
そんな時は、横の高さを揃えます。
袖付や脇、背縫いでちゃんと横段がそろっているとすっきりきれいです。

こちらの市松に花紋浴衣では、市松の高さを合わせつつ、衿元には花紋模様を配置して華やかにしています。

b0317495_21491028.jpg





身頃の柄を調節するのは難しいよーと言う方は、衿だけでも華やかになるように挑戦してみてください!

例が浴衣ではなく着物なのですが、こちらは淡い色と濃い色があります。
濃い色の柄を、一番目立つ上前の衿に配置するだけで、ちょっとプロっぽい仕上がりになります。

b0317495_21491003.jpg


既製品では、なかなかここまで柄の配置を計算されていません。。
手作りだからこそ、少しこだわって最高にかわいい一着を作ってくださいね☆





Webshopでは浴衣と着物を販売中です!
もちろん、すべて一枚一枚柄をみて仕立てています。
柄合わせの参考にもご覧ください☆





【webshop】




【mail】

◆ameria_japonica@excite.co.jp


b0317495_21460720.jpg





[PR]
by ameria_japonica | 2014-05-27 22:23 | 子供浴衣の作り方 | Comments(2)
子供浴衣の作り方 紐付け
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆


今日は最終回、紐付けです。


◆紐付け (★☆☆☆☆易しい)


紐を用意します

約75㎝×3~4㎝巾の紐を2本用意します
b0317495_17310131.jpg
市販の腰ひもを使っても大丈夫です。
その場合は腰ひも1本を半分で切り離して2本にしてください。



紐を付けていきます

袖付の下の開いているところを”みやつくち”といいます
着付けのときに、ここに紐を通します
みやつくちの下と紐が同じ高さになるようにして待ち針とめます
b0317495_17105315.jpg


紐を衿に縫い付けます
ぐるっと回りをくけ縫いしていきますが、
くけ縫いが苦手な方はまつり縫いでも大丈夫です
b0317495_17363242.jpg



左右同じ高さに紐をつけたら完成です
b0317495_17381533.jpg


これで浴衣の完成です☆
b0317495_17514708.jpg

あとは身長に合わせて肩上げと腰上げをします




以上で浴衣の作り方の終了です。
なかなかここだけの情報で作ることも難しいかと思いますが、
お手持ちの本のなかで解らないこと、または和裁の要素もいれてしてみたいなど
なにか少しでも参考になって、お役に立てたら嬉しいです。

可愛い布を見つけて、お気に入りの浴衣を作ってくださいね☆

また、浴衣と単衣の着物の作り方は一緒です。
生地を選べば素敵な着物もできますよ☆
ぜひ、浴衣の次は着物にもチャレンジしてみてください☆






【webshop】




【mail】

◆ameria_japonica@excite.co.jp

b0317495_21270476.jpg






[PR]
by ameria_japonica | 2014-05-11 20:58 | 子供浴衣の作り方 | Comments(10)
子供浴衣の作り方 袖付
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆

ミシンも使いながら和裁の縫い方もいれつつのご紹介です。
お気に入りの布でチャレンジしてくださいね‼
いよいよ最終段階に入ってきました。

前回までで、身頃が完成しています。
今回はお袖をつけて浴衣の形にしちゃいましょう‼



◆袖付 (★★★☆☆普通)




身頃と袖を用意てします
左右が逆になってしまわないように注意が必要です。

身頃の後ろ側と袖の後ろ側(糸印のある方)をしっかり確認して縫い合わせていきます
b0317495_16562085.jpg


身頃の裏を見ながら縫っていきます
肩山と袖山を合わせて待ち針を打ちます
次に袖付も待ち針であわせ、間も鉢を打ちます
反対側も同じようにして、全部で5か所に針を打ちます
b0317495_16571127.jpg


針でうったところを縫っていきます
写真は縫い終わったところ
身頃が上で、下は袖です
b0317495_17020411.jpg



袖が上になるように置き換えます
縫い目のところで折ります
b0317495_17024602.jpg



さらに半分に折ります
b0317495_17052241.jpg



袖付に虫留めをして、縫い代はくけ縫いをしていきます
b0317495_17060638.jpg


これで袖付ができました
虫留めを左右2か所(合計4つ)するのをお忘れなく!
袖の振りの縫い代が前側にきていたら間違いなく袖付ができています
b0317495_17062204.jpg

次回は最終回!
紐付です☆









[PR]
by ameria_japonica | 2014-05-10 17:17 | 子供浴衣の作り方 | Comments(7)
子供浴衣の作り方 衿③
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆

ミシンも使いながら和裁の縫い方もいれつつのご紹介です。
お気に入りの布でチャレンジしてくださいね‼

前回は衿を身頃に縫い付けました。
今回は衿先や縫い代の始末をしていきます。



◆衿付~くけ~(★★★☆☆普通)


衿を身頃に縫い付けました

次に衿先の始末をしていきます

衿先は縫いどまりで折り目をつけます
縫い代が長い場合、5㎝以上は切り離してください
b0317495_20020301.jpg


糸2本どりの針を用意します。
衿の縫い止まり、裏側から針を刺します
このとき身頃も少しすくいます
b0317495_20041884.jpg


続きの針で衿先の折り目が交差しているところをすくいます
(表からすくいます)
b0317495_20053582.jpg
b0317495_20073135.jpg


すくったらスタートしたところに戻ってきます
b0317495_20075899.jpg



スタートした糸と戻ってきた糸を結びあわせて、糸を切ります
b0317495_20083456.jpg


衿先を縫います

折り目の少し上を縫います
b0317495_20100834.jpg



折り目で折ります
b0317495_20110626.jpg



くるっとひっくり返します
b0317495_20113214.jpg

縫い代は内側に入れ込み、縫い付けた縫い目に合わせて待ち針を打っておきます
b0317495_20115712.jpg
これで、衿先の形ができました
反対側も同じ要領で始末をします



次は、三つ衿芯を縫いつけます
肩明の縫い代に三つ衿芯をつけて、段差を無くします

b0317495_20144586.jpg
b0317495_20154778.jpg


力布は縫い代1㎝を残して切ります
身頃も衿巾より広いところは切ってしまいます
b0317495_20162125.jpg
b0317495_20182722.jpg

衿を半分に折って、縫い代は内側へ入れこみ待ち針を打ちます
衿を縫い付けた縫い目に合わせるようにくけつけていきます
※ここはミシンを使えないので頑張ってくけてください
くけが難しければまつり縫いのような感じでも大丈夫です
b0317495_20184283.jpg

これで、衿がちゃんと付きました!

次回は袖を身頃につけていきます☆
もう少して完成ですヽ(´∀`。)ノ














[PR]
by ameria_japonica | 2014-05-08 20:31 | 子供浴衣の作り方 | Comments(4)
子供浴衣の作り方 衿②
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆

ミシンも使いながら和裁の縫い方もいれつつのご紹介です。
お気に入りの布でチャレンジしてくださいね‼

前回は衿の準備をしました。
今回は衿を身頃に縫い付けていきます。
難しいです‼‼
ゆっくり進めてくださいね。


◆衿付~縫い付け~(★★★★★難しい)


衿と身頃と力布です
b0317495_20543483.jpg



衿の中心と背を合わせて針を打ちます
背は1.2㎝くらいのことろ、衿は折り線のところを合わせます
b0317495_20553501.jpg




次におとしの印を合わせて針を打ちます
b0317495_20571450.jpg


次に肩明を針で打ちます
4mmくらいのところと衿の折り線を合わせます
b0317495_20575544.jpg




続きの針で力布も刺します
力布の丸みの端から4mmくらいのところです
b0317495_20593850.jpg




肩明の針の左右にも針を打ちます
1.5㎝くらいの感覚で、力布もすくいます
b0317495_21011954.jpg


裏から見たら、こんな感じです
b0317495_21025611.jpg




5か所に針が打てたら、その間にも針を打ちます
反対側も同じように針を打ちます
b0317495_21033169.jpg


おとし~反対のおとしまで仮縫いします
衿の折り線の少し上を仮縫いします
b0317495_21042609.jpg

仮縫いした状態の裏側です
変にタックが入ったりしないように気をつけてください
b0317495_21055855.jpg




仮縫いが出来たら、おとし~つま下の印(流れ)に針を打ちます
折り線の少し上をミシンで一気に縫っていきます
つま下の印~肩明~反対のつま下の印までです
b0317495_21072802.jpg

これで、身頃に衿を縫い付けることができました。

肩明の周りを縫うのはすごく難しいと思います。。
しっかり仮縫いをするのがポイントです。
タックなどを入れずにきれいに仮縫いが出来れば失敗なくできると思います。
ゆっくり頑張って進めてくださいね☆


次回は衿先や縫い代の始末などをして衿を仕上げていきます!






[PR]
by ameria_japonica | 2014-05-02 21:23 | 子供浴衣の作り方 | Comments(5)
子供浴衣の作り方 衿①
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆

ミシンも使いながら和裁の縫い方もいれつつのご紹介です。
お気に入りの布でチャレンジしていただければと思います‼

前回まででつま下と裾をくけました。
今回は衿をつける準備をしていきます。
工程が多いですがそんなに難しくないと思います。


◆衿付~準備~(★★☆☆☆易しい)


おとしの印をつけます
b0317495_12431691.jpg



おとしの印からつま下の印までの長さを測ります(この長さを”流れ”といいます)
90-110サイズで54㎝くらい、
70-80サイズで46㎝くらい、
120サイズで67㎝くらいです。
b0317495_12451480.jpg



衿が付くところに印をつけていきます
中心が2㎝膨らむように緩やかなカーブを描くように印をつけます
印の感覚は5㎝くらいです
b0317495_12474299.jpg


次に衿の準備です

長い方が地衿、短い方がかけ衿です
それぞれ、かけ衿丈で印をつけます
90-110サイズは山から25㎝、
70-85サイズは21㎝
120-130サイズは28㎝です
b0317495_12501673.jpg




かけ衿はかけ衿丈の印の所で折っておきます
b0317495_13045603.jpg




地衿をかけ衿を縫い合わせます

かけ衿丈の印と印を合わせます
b0317495_13061273.jpg




折り線の少し上を縫います
縫えたらかけ衿を折り返します
b0317495_13074325.jpg



かけ衿を折り返した状態です
b0317495_13090001.jpg




反対側も同じように縫っていきます
b0317495_13095385.jpg
b0317495_13103922.jpg


縫えたら半分に折って4か所に印をつけます
① 山から測って肩明寸法+3mmのところ
② ①の印から測っておとし+3mmのところ
③ ②の印から流れの長さのところ
④ ③の印を反対の端にも付けます
b0317495_13121355.jpg


印が出来たら両端を1㎝折ります
b0317495_13160520.jpg



つぎに肩明につける力布を作ります

表の布で3㎝×3㎝を2枚用意します
b0317495_13164961.jpg



斜めに半分におって三角を作ります
b0317495_13245163.jpg


先をつまんでくるっとねじります
輪の部分が丸い形になります
b0317495_13251947.jpg

この状態でアイロンで押さえて形をつくります
これを2個作ります
b0317495_13261931.jpg


次に三つ衿芯を準備します

衿の中に入れてごろつきや段差をなくす役割があります
あまり固すぎない白い木綿(さらしやモス)を使います
90-110サイズは8.5㎝×15㎝、
70-85サイズは7.5㎝×13㎝、
120サイズは8.5㎝×17㎝を1枚用意してください
b0317495_13272912.jpg

以上が衿の準備です。
次回は身頃に衿を縫い付けていきます☆







[PR]
by ameria_japonica | 2014-04-28 13:39 | 子供浴衣の作り方 | Comments(8)
子供浴衣の作り方 身頃④
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆

ミシンも使いながら和裁の縫い方もいれつつのご紹介です。
お気に入りの布でチャレンジしていただければと思います‼


今回はつま下と裾をくけます。
おくみの角(つま先)を割り額縁仕立てできれいにしあげましょう‼


◆身頃~額縁~(★★★☆☆普通)


つま下は1.5㎝、裾は2㎝で折ります(アイロンを使ってしっかり折り目を付けます)
それぞれもう半分に折っておきます
b0317495_15392155.jpg






折ったところに折り線ができました
裏がみえるようにして、裾が自分から見て奥に、つま下が左になるように置いてください
b0317495_15403958.jpg






裾を三つ折りにして、つま下の折り線と交わるところに印をつけます
(線は2本ありますが、端の線と交わるところの一か所です)
b0317495_15432947.jpg






裾の三つ折りを開き、今度はつま下を三つ折りにします
裾の折り線(端の方)と交わるところに印をつけます
b0317495_15452761.jpg





全部広げます
二か所に印が付きました
b0317495_15473623.jpg



印と印をむすぶように線を引きます
b0317495_15482151.jpg



印と印を待ち針で合わせます
つまむような感じです
b0317495_15495812.jpg




線の上を細かく縫っていきます
b0317495_15512955.jpg





角が直角の厚紙を用意して、縫って袋状になっているところに入れます
b0317495_15525945.jpg





きれいな角になるようにアイロンで押さえます
上の縫い代もきれいな四角になるよう折りたたんでおきます
b0317495_15542980.jpg






縫い代の四角は、そのままだと邪魔になるので三角に折ります
b0317495_15560586.jpg





先を指でつまんで表へひっくり返します
b0317495_15565372.jpg
b0317495_15583478.jpg

反対側のつま先も同じように形作ります





角ができたら、つま下(寸法+10㎝のところ)から三つ折りくけをしていきます
つま下→角→裾→角→つま下の順番です
くけが苦手な方はミシンを使ってください
b0317495_16000668.jpg






くけ、またはミシン縫いができたらつま下寸法の印をつけて直しおきます
左右とも裾から寸法を測ってください
b0317495_16111364.jpg



これでつま下、裾のくけができました。

あとは、衿付と袖付が出来れば完成です☆

次回は衿付をやっていきましょう‼





[PR]
by ameria_japonica | 2014-04-24 22:22 | 子供浴衣の作り方 | Comments(5)
子供浴衣の作り方 身頃③
子供浴衣の作り方を数回に分けて紹介しています☆

ミシンも使いながら和裁の縫い方もいれつつ、お気に入りの布でチャレンジしていただければと思います‼

前回はみやつ口の虫留めを紹介いたしました。

前回までの作り方はこちら↓
子供浴衣の作り方 お袖①
子供浴衣の作り方 お袖②
子供浴衣の作り方 お袖③

子供浴衣の作り方 身頃①
子供浴衣の作り方 身頃②



今回は身頃の脇の縫い代を始末からスタートです。

◆身頃~脇の縫い代始末~(★★★★☆やや難しい)


虫留めから上(袖が付く部分)は2㎝折っておきます
b0317495_14553813.jpg




虫留めより下の縫い代は自然な斜めになるように折っておきます
b0317495_14564763.jpg


斜めにしたところがペラペラと動いてしまわないように縫いとめます
縫い方はくけ縫いでも、ポツポツと縫い目がでるようにでもどちらでも大丈夫です
b0317495_14573968.jpg



縫い代をさらに半分に折りくけ縫いしていきます
b0317495_14594682.jpg

縫い代の中を通って表を少しすくいながら縫い進めます
1~1.2cmくらいの大きい感覚で大丈夫です
(※わかりやすように赤糸で縫っています)
b0317495_15032294.jpg
表から見るとポツポツと糸が見えます
三つ折りくけが難しい場合はまつり縫いかミシンでも縫ってください
b0317495_15055500.jpg


縫えたらきれいにアイロンをあてておきます
b0317495_15074484.jpg

これで脇の縫い代の始末ができました☆
次回はつま下と裾をくけていきます‼
おくみの角もきれいに作っていきますよ。

つま先(おくみの角)は額縁仕立てと呼ばれます。
一般的に多く紹介されているのが『折り額縁』で、折りたたんで角をだす方法

次回ご紹介する方法は『割り額縁』です
段差がなくてきれいな仕上がりになると思うので、ぜひぜひ頑張ってチャレンジしてみてください☆







[PR]
by ameria_japonica | 2014-04-22 15:35 | 子供浴衣の作り方 | Comments(4)
子供浴衣の作り方 身頃②
子供浴衣の作り方を紹介しています☆

和裁ってきくと専門的で難しいイメージがあってなかなかチャレンジしにくいかなと思います。
ここでは、ミシンも使いながら大事なポイントは和裁の方法で作り方をご紹介しています。

浴衣と単衣の着物は作り方が一緒です。
浴衣を作って、また、お気に入りの生地で単衣の着物も作ってみてください☆


前回までは身頃のたて縫いをしました。
子供浴衣の作り方 身頃①

今回は虫留めを詳しく説明していきます‼

◆身頃~虫留め~(★★★★☆やや難しい)
b0317495_22083873.jpg
では、たて縫いが出来たので、縫い代をたおしてアイロンをかけます

つまみおくみと脇の縫い代は前側に縫い代が倒れるようにします
背の縫い代は裾を手前において右側にたおします
b0317495_11355668.jpg



みやつの縫いどまりに虫留めをします
虫留めをすることによって強度が増して、長く着用することができます

右側のみやつから虫留めをしていきましょう

二本どりの糸です
みやつの縫いどまりにでてきます(前身頃の裏からでてくる)
b0317495_11391462.jpg


後身頃を少しすくってから、前身頃も少しすくう
b0317495_11424883.jpg




針の先に糸を3.4回巻き付ける
b0317495_11440057.jpg


巻きつけた糸の形を整えて、崩さないように針を抜きます
b0317495_11452792.jpg

針を縫いた状態です
虫留めを形ができました
b0317495_11464145.jpg






後身頃の根本に針を付き差し、裏側にいきます
b0317495_11473882.jpg

裏側にでてきました
b0317495_11525382.jpg


裏側でも同じように虫留めを作ります
前身頃を少しすくってから、後身頃を少しすくいます
b0317495_11494662.jpg



針先に糸を巻き付け形を整えます
b0317495_11543229.jpg




針を抜きます
b0317495_11552226.jpg



前身頃の根元に針を差し、布裏にでていきます
b0317495_11555323.jpg



裏で玉結びをします
b0317495_11564931.jpg


みやつに虫留めが出来ました
反対の左側も同じ要領で虫留めをします



b0317495_11572939.jpg


b0317495_11573101.jpg


ミシンでも虫留め機能がついているものもありますが、やっぱり和裁の手順でしたほうが綺麗だなと思います。
このちょっとのひと手間で長持ちする出来上がりになるので頑張ってチャレンジしてください☆


次回は脇の縫い代の始末と、裾の三つ折りくけへ進みます‼







[PR]
by ameria_japonica | 2014-04-18 13:16 | 子供浴衣の作り方 | Comments(0)
子供浴衣の作り方 身頃①
子供の浴衣の作り方をご紹介しています。
ミシンを使いながら、大事なところは手縫いをして
愛情たっぷりの浴衣を作ってください☆


前回まででお袖ができました。

お袖はこちらから↓
子供浴衣の作り方 お袖①


今日から身頃作りに入ります☆

縦の縫いをミシンを使ってじゃんじゃん縫っていきましょう‼



◆身頃たて縫い(★☆☆☆☆易しい)


背縫いを縫います

外表に生地を合わせて布端から6~7mmのところを縫います
b0317495_22084495.jpg



縫ったところ割ってアイロンでおさえます
b0317495_22083965.jpg



中表に返して、背に輪を作ります
端から1㎝のところを縫っていきます
b0317495_22083989.jpg
これで背が袋縫いできました



続いて脇を縫います
みやつの印から裾まで、端から2㎝のところを縫います
b0317495_22083906.jpg




続いて、おくみを縫います

大人物の着物は別の布を縫い付けますが、子供用の着物なので今回はつまみおくみになっています
布をつまんでおくみにみせる方法です

おくみの線を引いてつまみます
おとしの印から裾まで縫います

b0317495_22083917.jpg


背と左右の脇とおくみが縫えました(全部で5本です)
なんとなく着物っぽくなりましたね
b0317495_22083873.jpg


次回は脇の縫い代の始末と虫留めをしていきます☆




[PR]
by ameria_japonica | 2014-04-14 22:29 | 子供浴衣の作り方 | Comments(12)